​Staff

緑川 有

​作・作詞

( みどりかわ・ゆう)

 「枇杷の家」原作者。グラフィックデザイナー。愛媛県出身。京都にて、広告代理店、デザイン事務所等の勤務を経てフリーランサーに。その後上京し、青山にてデザイン事務所設立。企業PR誌や社史、学校案内等のデザインに携わる。現在、戯曲執筆に取り組むとともに、井岡道子の筆名で小説を執筆。「父のグッド・バイ」で第15 回(2007年)やまなし文学賞受賞。「次ぎの人」で第1 回(2014 年)林芙美子文学賞受賞。 

    井岡写真1121.jpg

    瀬戸山 美咲

    演出

    (せとやま・みさき)

    劇作家・演出家・ミナモザ主宰。2016年、『彼らの敵』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。最近の作品に『THE NETHER』(上演台本・演出)、KAAT神奈川芸術劇場『オレステスとピュラデス』(作)、オフィスコットーネ『埒もなく汚れなく』(作・演出)、さいたまネクストシアター『ジハード-Djihad-』、新国立劇場『あの出来事』(ともに演出)などがある。第26回・27回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。第70回芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞。2021年、現代能楽集X『幸福論』で第28回読売演劇大賞選考委員特別賞ならびに優秀演出家賞受賞。『アズミ・ハルコは行方不明』、『リバーズ・エッジ』など映画脚本も手がける。世田谷パブリックシアターのワークショップ、多摩ニュータウン×演劇プロジェクト、ロンドンバブルシアター『ヒロシマの孫たち』などコミュニティの人々との創作にも携わる。

    • Twitter
    setoyama19.JPG

    田中 馨

    ​音楽監督

    ( たなか・けい)

    元SAKEROCKのベーシスト
    現在は自身のバンド「Hei Tanaka」
    赤ちゃんと楽しむ 世界の遊び歌 わらべ歌を演奏する「チリンとドロン」、小学生とあそびを通じて創作する「ロバート・バーロー」を軸に、アコースティックバンド「ショピン」のメンバーで活動。「オオルタイチ」や「川村亘平斎」をはじめ、数多くのミュージシャンと音楽活動のほか、舞台作品や映像作品の音楽を担当する。
    東京芸術劇場「気づかいルーシー」 原作:松尾スズキ/脚本・演出:ノゾエ征爾や故・蜷川幸雄氏の「1万人のゴールドシアター」の音楽監督
    Eテレ「いないいないばぁ」楽曲提供
    ベネッセ「こどもちゃれんじ」音楽監修など

    • Facebook
    • Twitter
    • Instagram
    heitanaka_003.tif

    伊藤 千枝子

    ​振付

    ( いとう・ちえこ)

    1989年珍しいキノコ舞踊団を結成し、主宰として2019年解散まですべての作品の振付・演出を行い、ダンサーとしても出演。
    解散後の現在は、活動名を伊藤千枝から本名の伊藤千枝子に改め、多方面への振付や自身の出演など精力的に活動を続けている。
    主な振付、出演番組は、NHK教育「ドレミノテレビ(2004)、BSフジ「beポンキッキーズ」(2014~2016)など。
    TVCM「アセロラ体操」(2010)、TVCM「LOTOシリーズ」(2018~2019)他、多数のTVCMや映画、ドラマの振付なども担当している。
    また2013年よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加して以来、多数の盆踊りを振付し、各地で開催される盆踊りにも積極的に参加。
    代表的な盆踊りに「ええじゃないか音頭」「さっぽろ八月祭音頭」「フジオ音頭」「池袋西口音頭」などがある。
    2021年1月より「毎日ダンス」をSNSで配信中。

    • Facebookの社会的なアイコン
    • Twitter
    • Instagram
    • YouTubeの